自分に合った血糖値を下げる方法|健康的なカラダ作り

シニア女性

お菓子をフルーツに

水と薬

フルーツは体に良い

血糖値を下げる方法として有効になるのは、フルーツを食べることです。スイーツや和菓子のような甘いものをフルーツに変えるだけで、血糖値を下げることにつながります。フルーツは血糖値が上がるから良くないといううわさが広がったこともあり、今でもフルーツは血糖値が上がるもので太るからダイエットに良くないと勘違いしている人は多くいます。しかしそれは誤解で、フルーツこそ血糖値を下げる方法に食するにふさわしくダイエットにも向いている食材となります。そしてフルーツはカロリーを抑えることができ、甘いものを食べるよりもダイエットに効果を出します。スイーツや和菓子のような砂糖を使った甘いものを食べると、血糖値は大きく変わりその数字が高くなります。健康診断の前日にスイーツや和菓子などを食べると、いざ健康診断で血糖値を測ればその結果がハッキリと数字として表れます。

フルーツは食前に

もしフルーツを食べて血糖値を下げようとするのであれば、食べるのは食事の前にするほうが良いです。そして食後にフルーツを食べることはふさわしくありません。空腹時に食べると消化に良いものとなり、食後に食べると消化に悪くなると言われています。フルーツはデザートとして食後に食べるイメージがありますが、実は食前に食べることが血糖値を下げる方法として体に良いのです。食前に食べることで消化に働き、デトックス効果を引き出すため老廃物の排出にも役立ち、ダイエットにつなげることができます。血糖値を下げる方法としてフルーツは最適です。食前にミカンを1つ食べたり、4つ切りのリンゴを食べることでその後に食べる食事の栄養の吸収も良くなります。